男性の多くは年齢を重なるに連れて、髪の毛にボリュームがなくなってきます。
個人差は、あるのですが多くの男性が30前後から徐々に、髪の毛の密度とコシが減ってきてしまい、多くの人がその事に悩んでいます。
最近は、国内でも髪の毛で悩んでいる人達向けの薬が多く発売されています。
しかし、毛髪の薄さを気にしている人でも、そのような薬を買わずに我慢している場合も多々あるそうです。
なぜ、効果がある薬を飲まずに我慢しているのかというと、予算的な問題があります。
フィナステロイドを含む、ADA対策の飲み薬は健康保険の対象外です。
健康保険が使えないため、全額自費負担となります。
そうすると、毎月の支払いが7千円から一万円程度になってしまう場合が多いのです。

これだけの金額を毎月支払い続けるのは、かなりの負担に感じられることでしょう。
しかし、この負担を軽減する方法が、徐々に知られてきています。
それが、海外からの個人輸入です。
海外では、フィナステロイドを含む薬品のジェネリック医薬品等が発売されています。
これは、成分は同じであるにもかかわらず安価に購入することができます。
このようなジェネリック医薬品を購入すれば、毎月の負担額は数分の一に抑えることができるのです。

しかし、個人輸入を今までしたことがない人も多いでしょう。
特に薬の個人輸入となりますと、海外の業者と現地の言語を使って交渉するのは、難しいと感じる人が多いのではないでしょうか。
そのような場合には、アスフを利用するのが良いでしょう。
ご存知の人も多いでしょうが、アスフは個人輸入の代理業者です⇒薬の個人輸入・アスフ(外部リンク)
通販とは違い、個人輸入の代理を行ってくれるのです。
こちらを利用すれば、国内よりもかなり安い価格でフィナステロイドの飲み薬を手に入れることができます。
その浮いたお金を利用して、ツゲインのような塗りミノキシジルを購入すれば、さらにAGA治療としては効率的でしょう。
また、アスフのホームページを見ると、わかりやすく育毛薬の比較もしています。

詳しい人でも勉強になる点があるほど、よくできている比較です。
このような比較をまずみて、どれが自分に合うものなのかを考えることもできます。

まず、髪の毛の悩みを持っている方に、オススメなのはフィンペシアです。
最初は、これを試してみるのがよいでしょう。
価格的に、かなり負担が少ないです。
フィンペシアを飲み始めて、数ヶ月経つと、多くの人は抜け毛が減っていることを実感するはずです。
朝起きたときに、枕についている髪の毛がかなり少なくなってくるのです。
さらに髪の毛を増やしたいならば、塗りミノキシジルであるツゲインを導入しましょう。

ツゲインを気になる部位に塗っている人の多くが、髪の毛が増えてきたことを実感しています。
以上のような、AGA対策の薬を日本語のみで簡単に手に入れることができるのがアスフですので、気になった人は一度チェックしてみると良いでしょう。

Comments are closed.

Post Navigation